本講習はキリスト教学校のより良い理解のために一般社団法人キリスト教学校教育同盟が開講する教員免許状更新講習です。

概要
開講講習
受講の流れ
​受講料-申し込み

SUPPORT YOUR TEACHING

​講座内容

1)キリスト教学校教育の存立基盤とその意義・・・【建学理念と今日的課題】

2)児童・生徒を取り巻く環境の変化・・・【社会変化に対応した学校づくり】

3)児童・生徒が抱える新たな課題とその対応・・・【発達の理解と実際】

4)キリスト教学校教員の自己理解と資質能力の向上・・・【教師の役割と省察】

​教員免許状更新講習

教員免許状保持者は免許状更新講習の受講期間に合計30時間以上の講習を受講‣修了しなければなりません。30時間のうち「必修領域」を6時間以上、「選択必修領域」を6時間以上、「選択領域」を18時間以上、受講・修了する必要があります。

103-illustration-person.png
図1.png

「教員免許更新制」廃止の方向性について

8月23日に行われた文部科学省中央教育審議会小委員会において、「教員免許更新制を発展的に解消することを文部科学省において検討することが適当」との方針が示されましたが、文科大臣から、「法改正が行われるまでは、現行の教員免許更新制は存続されることになります。このため、免許状の有効期間が到来する先生が、更新講習を修了し、更新手続を行わない場合は、免許状が失効することになりかねません。」「各先生におかれては、必要な受講・手続に遺漏なきよう対応していただくようお願いいたします。」とのコメントが発表されています。

 

キリスト教学校教育同盟では、これまで通りの教免更新講習の受付・実施を行っております。

​​(2021.8.23)